このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

ここから本文です

サイト内の現在位置

先進理工学専攻

基盤理工学専攻
専門プログラム

電子工学プログラム

高度情報化社会・高度医療技術を支える半導体集積回路の要素技術に精通し、電子情報機器・システムのさらなる高速化・高機能化・省エネルギー化を先導する柔軟な展開力を備えた、先端電子工学の次世代エンジニアのリーダーを育成します。ナノエレクトロニクスの基礎から応用までを一本線で俯瞰できるカリキュラムにより、電子デバイスの構造・動作原理、ナノスケールで制御された先端プロセス技術・集積化技術、さらにはそれらを融合した展開テクノロジーまでを系統的に修得します。

光工学プログラム

光エレクトロニクス技術はブロードバンドネットワーク社会や基礎自然科学、医学、エネルギー、ナノテクノロジー、加工・プロセスなど諸分野において大きな役割を果たしています。本プログラムは、高度情報化社会のニーズに応えて将来を担う、特定領域分野に囚われない広い視野と見識を備えた実践的な高度専門技術を有する研究開発に携わる人材の養成を目的としています。光エレクトロニクス技術の基盤となる光機能材料、光デバイス、光通信・情報処理システムに関した幅広い分野の基礎および上級レベルの教育を行うとともに、研究室における研究活動を通じて独創性を養成します。

物理工学プログラム

豊かで高度な総合コミュニケーション社会が最先端の科学技術により支えられ、極限的基礎技術の革新が現代社会の最大のニーズとなってきています。本プログラムは、原子や電子の持つ性質をもとに、先端技術の俯瞰的理解に始まり、 新材料や新機能の発見と幅広い応用にわたって、環境に配慮しつつ高度産業技術社会で創造的活動を担う高度専門技術者の育成を目指した教育研究を行います。基礎学力の定着を図る連携専門科目と専門知識と先端技術に対する知見を教授するための専門展開科目を2つの柱とするカリキュラムを用意しています。

化学生命工学プログラム

本コースは、「生体の機能に学ぶものづくり、見えるものから見えないものも」を合い言葉に、緻密かつ精巧な物質・エネルギー・情報システムである生体の階層性、物質・エネルギー生産・変換機構、機能発現・制御機構、情報伝達・処理機構等を学び,それらの機構をモデルとしたり、応用したりすることにより新しい科学技術を創生し、環境に最大限配慮した安全・安心な持続発展的な循環型社会の構築に資する人材を育てます。情報工学、電子工学、電磁気学、物理学、化学、生物学など実践的な広い専門知識を学び、"未来型ものづくり"を担いうる教育研究を展開します。

プログラムオリジナルサイトへ

基盤理工学オープンイノベーションプログラム(特別プログラム)

本プログラムでは、電子工学、光工学、物理工学、化学生命工学の4プログラムのいずれか、もしくはそれらの複数プログラムにまたがる専門能力の修得を基盤とし、さらに、大学間、産学、官学の多彩な連携により構成される先端的分野融合教育・研究プログラムを通して、高度産業技術社会における専門的・複合的課題に対する高度な問題解決能力を身につけ、"'真にイノベーションを生み出す力'と'社会のグローバル化に柔軟に対応する能力'をもって新時代を牽引する未来のリーダー"たりうる高度専門技術者・研究者を養成します。なお、本プログラムは博士前期・博士後期の5年間を通して行われる教育プログラムです。

基盤理工学専攻